読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老いボレじじいのボヤ記

老い耄れ爺の悲喜交々、涙と感動の人生

学なし! 職なし! 金もなし! だけど、余生に夢は持つ!!

泡瀬干潟埋め立て,二審判決で住民側が敗訴

沖縄市の泡瀬干潟埋め立て事業に反対する住民が県知事や市長に工事の公金支出の

差し止めを求めた第2次泡瀬干潟埋め立て訴訟の控訴審で、福岡高裁那覇支部

(多見谷寿郎裁判長)は、「事業は経済的合理性はない」などとする住民側の請求を

退けた。

判決に対し翁長知事は、「県及び市の主張が認められた妥当なものだと考えております。」とコメントを発表した。

干潟というのは、珊瑚礁と同じように自然環境には重要なものであり、多用な生物が生息していて、今でも新種の生物が数多く発見される場所である。

泡瀬干潟は多くの貴重な動植物が生息するとして、ラムサール条約登録の準備が進む

干潟を巡る裁判であったが、自然環境の重要性については踏み込まれなかったようだ。

 

翁長君に問う、

あなた方が訴える自然環境破壊を考えるとき

辺野古の埋立面積160ヘクタール 泡瀬干潟の埋立面積(出島方式185 ヘクタール 

 「辺野古の埋め立て」と「泡瀬干潟埋め立て」合理性を欠くのはどっち?

 

*那覇軍港の浦添移設によって埋め立てられる 面積は約300ヘクタール