読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老いボレじじいのボヤ記

老い耄れ爺の悲喜交々、涙と感動の人生

学なし! 職なし! 金もなし! だけど、余生に夢は持つ!!

揺れ動く豊洲市場

 

問われる、前石原都知事の契約行為の責任
 
 果たして、前石原都知事に責任があるのか?
 
1,契約締結の機関
自治体は法人(法2条1項)なので、契約の締結は、その代表機関たる長(都道府県は知事、市町村は市町村長)がします(法147条)。
もっとも、職務代理者の制度もありますので、一定の要件を満たした場合は、副知事や副市町村長が職務代理者の公印を使って契約を締結する場合もあれば(法152条)、
権限の受任者を定めている場合は、その職務名と職員名で契約が締結されます(法153条)。
地方公営企業は管理者(地方公営企業法8条)がします。

2専決・代行
これは内部的に権限を委任した場合の用語です。契約は長の名で締結します。

3,権限のない者がした契約
これは無効です。
 
○東京都契約事務規則
昭和三九年四月一日
規則第一二五号
東京都契約事務規則を公布する。
東京都契約事務規則
東京都契約事務規則(昭和二十四年十一月東京都規則第二百十三号)の全部を改正する。
第一章 総則
(通則)
第一条 東京都が締結する売買、貸借、請負その他の契約に関する事務に関しては、別に定がある場合を除くほか、この規則の定めるところによる。
(定義)
第二条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 局長 東京都組織規程(昭和二十七年東京都規則第百六十四号)第九条第一項に規定する局長並びに青少年・治安対策本部長、病院経営本部長、中央卸売市場長、教育委員会教育長、警視総監、選挙管理委員会事務局長、監査事務局長、人事委員会事務局長、労働委員会事務局長、収用委員会事務局長、消防総監及び議会局長をいう。
二 所長 東京都予算事務規則(昭和四十年東京都規則第八十三号)第三条第一項第三号及び第二項第三号に規定する所の長をいう。ただし、同規則第十八条第一項及び第四十条第一項の規定により、知事が所の長以外の者を指定した場合は、その者をいう。
 契約担当者 別に定めるところにより、知事からあらかじめ契約に関する事務を処理する権限を委任された者をいう。
四 資格審査システム 東京都が行う入札参加者の資格審査に関する事務を電子情報処理組織によつて処理する情報処理システムをいう。
五 電子入札システム 東京都が行う入札に関する事務を電子情報処理組織によつて処理する情報処理システムをいう。
六 入札情報サービス 東京都が行う入札に関する情報をインターネットを利用して提供するサービスをいう。
七 電子入札案件 財務局長が別に定めるところにより、電子入札システムにより処理することとされた契約案件をいう。
(平一五規則一三六・全改、平一六規則一四〇・平一六規則二五三・平一六規則三一〇・平一七規則一四四・平一八規則一二五・平二〇規則一六〇・平二二規則七六・平二六規則一七・一部改正)
(契約事務の総括)
第三条 財務局長は、契約に関する事務の適正な執行を期するため、契約に関する事務の処理の制度を整え、契約に関する事務の処理手続を統一し、及び当該事務の処理について必要な調整をするものとする。
2 財務局長は、契約に関する事務の適正な執行を期するため必要があると認めるときは、局長又は所長に対し、その所掌事務に係る契約に関する事務の状況に関する報告を求め、実地に調査し、または当該事務の処理について必要な措置を講ずべきことを求めることができる。
(昭六二規則一〇二・平一九規則六二・一部改正)
 
 
知事により権限を委任された実務担当の幹部職員の契約だと思うのだが・・・
 
どこまで前石原都知事の責任となるのか?
 
無学な老いボレじじいには見当もつかない!!