老いボレじじいのボヤ記

老い耄れ爺の悲喜交々、涙と感動の人生

学なし! 職なし! 金もなし! だけど、余生に夢は持つ!!

敵を作らないこと

それが、最も有効な安全保障

繋がると言う。

どういう事かと云えば…常に八方美人でいることだと、

玉川徹が言明する。

しかし、ここで考えたい。

我々は日々敵を作ろうとして生きているのか?

そんな奴は居ないだろう!

出来る限り友好的な関係を持って生活をしたい・・・と

殆んどの人間は思っているのではないだろうか?

だが時として、 一方的に敵対視されることが有る。

相手の無理な要求に応えられず、逆恨み的に敵視される。

 だからと言って、媚を売ったり寛容に受け入れることが

最善策なのか? それは間違いだ。

だが、玉川徹曰く、 日本は各国に対して八方美人 であるべきだと。