老いボレじじいのボヤ記

老い耄れ爺の悲喜交々、涙と感動の人生

学なし! 職なし! 金もなし! だけど、余生に夢は持つ!!

舛添…下種のゲス、見苦しい対応

家族旅行に自宅の消耗品を政治資金で購入。

しかし、本人には記憶が全くないらしい…

よって、各関係団体に対して精査するように指示をしたという。

それにしても、政治家とはいい職業である。

国のため、国民のためと政治家は宣巻うが、全ては自分のため・・・

政治資金は名目さえつければ何だって使い放題だ。そもそも、

この金については使途の制限が無いらしく、政治団体の政治資金収支報告書

及び政党交付金使途等報告書に記載さえすれば、個人的に使用しても何ら問

題ないのだ。どこまでもどんぶり勘定で済む・・・政治家は3日やれば辞められ

ない理由がここにある。ともあれ、舛添は会見で一部私的飲食費が政治資金

収支報告書に計上されていたことを認め謝罪したのだが、そもそも、私的な

飲食について政治団体に調査させていると発言すること自体が認めていると

いう事だろうが・・・舛添?!! しかし、2013年から2年連続で、正月に千葉県内

のホテルでの「会議費用」約37万円の計上は、家族旅行であっても家族と宿泊

していた部屋を使用した都知事選出馬などに関する重要会議は「私は政治活動

だと思っている」と馬鹿げた主張をした。どこまで図々しくも小さい男なのか?

これまでの舛添の性格からすれば、公金で賄えるものはトコトン頂く人間だ。

バレたから返金だと・・・汚かねぇえか? 万引き見つかっちゃいました…が、

金払えばいいでしょ!! と、舛添は逆切れ!! 人間性はゼロなんです。免赦