読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老いボレじじいのボヤ記

老い耄れ爺の悲喜交々、涙と感動の人生

学なし! 職なし! 金もなし! だけど、余生に夢は持つ!!

不眠不休で都民の為に・・・?

2014年01月14日の都知事選挙出馬会見 で、

「やっぱり私の理想は政治にお金がかからないようにしたい」と。

舛添東京都知事の矛盾・・・

都知事というのは、365日24時間都民の為に働く…という、舛添

舛添は2015年4月1日~16年4月11日の約1年間に計48回、ほぼ毎週末、

温泉地として知られる神奈川県湯河原町の別荘に公用車を使って通い

続けていたことに対して、28日に都庁で定例会見を開き、

「ルールを守っている」と強調し、「公用車は動く知事室だ。

車中では頻繁に電話し仕事をしている。また、車内は安全で別荘でも

連絡体制はしっかりして危機管理はできている」って言うが、

連絡体制だけで危機管理ができるわけねえだろう!

 東京大学法学部政治学科って、そんなもんか? 中卒のじじいでも解るぞ!

都庁から湯河原町は約100キロ離れているが、公用車の利用が認められている

というが・・・

さらに、舛添は、4月のアメリカ出張の際に1泊約15万円のスイートルームに

宿泊し、往復には運賃約225万円をかけてファーストクラスを利用していただと・・・

何様だと思っているのか、この男は?