読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老いボレじじいのボヤ記

老い耄れ爺の悲喜交々、涙と感動の人生

学なし! 職なし! 金もなし! だけど、余生に夢は持つ!!

老いボレじじいの車中泊 ・・・ 体験

1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大地震

老いボレじじいは、

この地震の直後から救援復興活動に参加していた。

あの時は宿泊施設も無く約2か月間、自分の乗用車で寝泊まりし

昼間は倒壊した建築物の解体撤去作業を行っていたのだ。

2次災害を起こさないように細心の注意を払いながらの作業で、

体と神経はズタズタだったことを昨日のように思い出す。

阪神高速は倒壊し、国道2号線、43号線も通行規制がかかり

解体撤去作業で疲れた体を癒せるのは週2回ほど・・・

風呂に入るために大阪市内に向かうのも一苦労だったなぁ~。